北海道魚醤油生産組合

「北海道より世界の調味料を!」

 日頃から、北海道魚醤油生産組合の活動に御理解をいただき、誠にありがとうございます。当組合加盟の各社は、サンマ、サケ、ホッキ、タコ、ウニといった北海道近海で水揚げされる豊かな水産資源を原材料に、魚醤油作りを進めております。おかげさまで、地方独立行政法人 北海道立総合研究機構食品加工研究センター、根室市水産加工振興センター、釧路市水産加工振興センター、北海道立工業技術センター、北海道立オホーツク圏地域食品加工技術センター、東京農業大学などの技術指導をいただきながら商品開発にのぞみ、この10数年で、魚醤油の製造・販売及び試作を行う企業が40社を超え、個性あふれる魚醤油が誕生し、店頭に数多くの商品が並ぶまでになりました。当組合といたしましては、道産魚醤油が海外にも既に広まっている大豆醤油や味噌といった日本の伝統的な調味料のように、北海道発の「世界の調味料」として広く使われることを願い、これからも組合員共々、その夢をかなえるべく鋭意努力をして行く所存ですので、なお一層のご愛顧とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

魚醤油一覧イメージ
北海道魚醤油生産組合 組合長 三小田吉邦

北海道魚醤油生産組合
組合長 三小田 吉邦